新宿での医療脱毛において、日焼けに注意する理由

新宿で医療脱毛をする場合、日焼けに関する注意があります。

医療脱毛は毛だけに反応するレーザーを使うのに、なぜ日焼けをしてはいけないのでしょうか?

・毛ではなく色素に反応する

医療脱毛では医療用レーザーを使います。

とても出力が高いレーザーという事から高い脱毛効果が期待できます。

レーザーは毛根に働きかけ、毛根を破壊します。

これにより毛が自然に抜け落ちるという仕組みです。

毛根自体を破壊するので永久脱毛効果もありますが、メラニン色素に反応するため、日焼けをした肌にも反応してしまう事があります。

日焼けをするとメラニン色素が増え肌の色を濃くします。

レーザーは本来肌には反応しませんが、日焼けをしてメラニン色素が増えている場合は肌にダメージを与えてしまいます。

これが脱毛前や脱毛中に日焼けをしてはいけない理由です。

・日焼けをしてしまった場合

もしも日焼けをしてしまった場合は、施術ができませんので予約はキャンセルとなります。

ダメージがあってもいいから施術して欲しいと願い出ても、リスクが高い事はしませんから施術は断られるでしょう。

むしろ強引に施術をするようなクリニックはお勧めできません。

安全性を考えて断るのが一般的で、これも新宿に限らずどこでも同じです。

・まとめ

自分ではそれほど日焼けしていないつもりでも、紫外線を浴びるとメラニン色素が増えますから、脱毛完了までは日焼けというより、紫外線を浴びないように注意する事が大切です。

期間が限られるコースの場合は、期間中に終わらず中途半端になる可能性もあるので注意してください。